スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

哀悼ではなく、お疲れさん

おはようございます。またどんより曇り空・・・。雨が降らないだけマシかも、です。

一昨日、川村カオリさんが、ガンとの闘病生活を終え、天へ昇っていかれました。
お疲れ様でした。

学生の頃はよくオールナイトニッポンを聞いていました。確か第二部だったので、3時から5時という、もはや朝型なのか夜型なのか、わからない時間帯でした。

CDもよく聞きました。当時はテレビで流行っていたこともあったのですが、もともとあまりテレビを見るほうではないので、どちらかというとラジオから興味を持って、という感じで。

お父さんがロシアの方で、パッと見、日本人離れした金髪と青い瞳に、ドキッとした思い出があります。しかも流暢な日本語で、中性的な感じが好印象でした。

私の中での思い出の一曲は「愛をあげたい」という、ヒット曲の「神様が下りてくる夜」が入った同じアルバムに入った曲です。

「被害者のつもりが 加害者だったのかもしれない」

恋愛にとどまらず、自分ひとりを中心に考えると常に「被害者意識」といったものが付きまとうことが多い中で、ひょっとしたらそれが加害者側だったのかもしれないという考え方が、当時の私には突き刺さるような衝撃でした。

もちろん、そのときは衝撃だけで、実感するのはもっと後になってのことですが(笑)

闘病生活の中で、少なくとも私たちには弱いところをみせなかった川村カオリ。もうこの世からいなくなってしまったことは悲しいのですが、その背中には「哀悼」ではなく、「闘病、お疲れさん」と言ってあげたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。