スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米屋への道

あっという間に夜

おはようございます。昨日はいい天気でしたねえ。田植え日和でした。

いつもお世話になっている上志文の生産者さんのところへ朝8時、田植えを見に行きました。

山間に機械の音が響きます


昨日の電話では「朝八時くらいから始めるよ~」と言っていたのですが、準備などもあったみたいで、実際はそれよりも早く始めていたみたいです。お祖父さん・お父さん・息子さんと三代で田作りをしています。息子さんが私と偶然同じ年で、不思議な縁を感じているのです。

さて、「実はバケツ稲をやってみたいのですが」と申し出て、苗をもらってきたのはいいのですが、こっちから持っていったバケツは一つ。「間隔は17センチはあけたほうがいいよ」といわれ、二株もらったはいいものの、土が足りない。急きょ友達の生産者に電話。「ごめ~ん。土、欲しいんだけど」「いいよ。今田植えしていていないから、持って行って!」っていうんでバケツを100均で買って土を分けてもらってきました。

始めてみました


日のあたり具合はどうか、水は足りなくないか、傾いてないか?などと気をもんでいるうちにあっという間に夜。ちょっと気にしすぎなのかもしれませんが、こんなんじゃ先が思いやられます・・・。
スポンサーサイト

バケツ苗

朝日が良く当たる所に置くと良いらしいです

やって見てネ

加古川のハナちゃんから、
いろいろとアドバイスば頂きながら、
2002年からバケツ稲栽培ばしよります。(^^

http://www5e.biglobe.ne.jp/~shake/sub%20baketu%20ine2002.html

No title

加古川の米屋さん
ミヤと大吉のとうちゃんさん

心配で心配で、精米作業中もチラ見しています。もっとどっしり腰をすえてとは思っているのですが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。