スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

「なぜ?」から始めない

おはようございます。

千歳マラソンまであと10日を切りました。ベスト体重まであと3キロ。ちょっと調整が遅れ気味ですが、あと1キロくらいは落として本番に臨みたいと思っています。

さて天気の崩れもここのところ持ち直し、明日は娘の小学校の運動会。ウキウキして毎日学校に通っております。「子供って悩みが無くていいなあ~」なんて独り言。

いま目に見えない壁にぶちあたっています。これが仕事以外のことだから、結構ヤッカイなのです。どうにも頭が固く、真面目すぎて物事が一方的にしか見えないためなかなか前に進まずに、ここ1週間強イライラ、ウツウツとしているのです。

え~いもう一人で解決は無理!こんな時は身近なところで相談だ!というわけで、職場から車で3分。某市内レストランの先輩に突撃取材(笑)。ウソです。ちゃんとアポ取っていきましたよ。

忙しい合間を縫って時間を作ってくれて、何のかんのと話を聞いていただきました。いつもたとえ話が秀逸な先輩なのですが、今回は二つの気付きをいただきました。

①「なぜ?」から始めない
「なぜ、この人は僕の話を理解してくれないんだろう?」「なぜこんなことになってしまったんだろう?」「なぜお前はガラスを割ったの?」

この時点で「なぜ?」といっても遅い。もうその時点で事は起こってしまっているから。人の話を理解しない人がいて、何か良くないことが起こって、ガラスは割れている。

じゃあそうならないためにはどうしたらいいのか。次に予防するためには今何をしておくべきなのか?「なぜ?」は自分への問いかけで、ことが起こった段階での問いかけでは前進をもたらさない。「どうしたらより良い方向にいくのか」。それを考えるべきだ。

②海に向かって「いらっしゃいませ」
外から見れば何をしてるんだろう?という疑問しかない。だって海に向かったってお客さんは来ないんだから。でもそこに理由があるとすれば・・・・?

例えば春夏秋冬の海に向かって「いらっしゃいませ」って言っている映像を実は撮影している。
影になって見えないけどカメラがあってインターネットで世界に向かって「いらっしゃいませ」って言ってる。

モノの見方は人それぞれだけど、それに相応の理由があれば誰も反対しないし、理解してくれる。理解してくれないのは説明やそれにかかわる設備が足りないからだ。誰だって相応の理由があれば、人の行動にはケチをつけないよ。


最後に「この話を聞いて「ああなるほど」って思うところがちょっとでも、一つでもあれば、この一時間は決して無駄な時間ではないんだよ。結果を求めすぎないこと。」

全くもって目からウロコでした。それまで沈んでいた心が解き放たれた気分。
本当にすばらしい先輩に出会えたことに感謝です。

さあ。前向きに行こう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。