スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

立て続けに

おはようございます。

昨日は文化の日でしたね~。お店はヒマでした。店の隅々まで掃除機をかけたのですが、キレイだったのも午前中まで。結局米ぬかの配達やら注文があってバタバタしていると汚れるんです。

ま、仕方ないか。でも隅々はまだキレイなので、ちょっと嬉しい。

さてさて、最近久しぶりにDVDを借りて見ておりました。友人から借りたのでそんなにすぐに返さなくてもいいかなあって思っていたのですが、ちょっとまとまった時間が出来たので、一気に見ました。
クリントイーストウッド監督の「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」、「ワンスアポンアタイムインチャイナ」の三本です。

101103ワンス


「ワンスアポンアタイムインチャイナ」。これは痛快カンフー映画でしたね。小学生時代から「リー・リンチェイかジャッキー・チェンか」とよくろんそうしていたものですが(笑)、こちらはリー・リンチェイ。今ではハリウッドでジェット・リーと名乗っているのですが、すごいカンフーでした!ワイヤーアクションという独特の表現方法で体術を魅せるのですが、たぶん彼はそれほどワイヤーを使わずに自分の体でカンフーをしていたのではなかったかな?中国の清代末期に実在した超有名武術家の黄飛鴻(ウォン・フェイホン)を主人公にするという時代設定のため、当時の様々な風俗が垣間見えてとても面白かったです。ストーリーが強引なところはありましたが、十分にリーのカンフーで楽しめます。

あとの二本については、また次回に。長くなりそうなので(笑)
スポンサーサイト

No title

bonさんお疲れ様です(^u^)。
そうかぁ、俺の時代はブルースリーかジャッキーかで論争!
正統派はブルースリーなんだけど
ジャッキーは面白おかしいカンフー。

結局流されて?ジャッキー派になりました…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。