スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

ツイッターを考えてみる

おはようございます。

昨晩は家族ぐるみでお付き合いさせてもらっている友人宅でバーベキューをしました。
何度かお世話になっているのですが、今回も大きな納屋のなかで子供も入れて11人でワイワイと。楽しかった~。ご馳走様でした。

さて、最近ツイッターを使ってお店の販売品の宣伝を試しているのですが、いろんな反応があってとても参考にさせてもらっています。あまり派手にし過ぎるといやらしいし、かといって間が開きすぎると膨大なタイムラインの中に埋没してしまうし・・・。

たとえばパンやお菓子などのように製造したものがそのまま販売品目になるものについては、そのタイムリー性というのが消費者にとってとても大きな意味を持つでしょうし、場合によってはとても大きな「流行」を発生させることができると思うんです。

まあ、うちは米屋ですからね。たとえば一ヶ月の間食べるもののタイムリー性をどう演出するかということは、宣伝方法としてベクトルが違うと思うんですよね。たしかに「コシヒカリ精米なう」といった発信方法は可能ですが、それがどれだけのタイムリー性をもってお客様に伝わるか。精米したてはおいしいですよ、といったところで、それぞれのご家庭の食事の都合があるだろうから、「今、その米を買わなければ!」といったメッセージ性は弱いと思うんです。

それよりはどうそれぞれの販売品目について、そのものの良さやこだわりを発信していくか。「こういうところにこだわっているんですよ」「こういうところが他店の品物より優れていますよ」、そういった情報発信を、その時と場をからめながら行う、といた方法が合うんじゃないか。夏場だったら冷たいジュレとか、冬だったらそば茶とか、健康志向のお客様がこられたときにはどういった形でどんな商品を選んで行ったか・・・。などなど、日々の商売がそのまま情報供給源として活用できるんじゃないだろうか。そんなことを思っています。

まだまだつたないつぶやきですが、もしタイムラインの中で見ていただいたときに、「こういったタイミングだったから良かった」とか、「ちょっとメッセージ性が弱いよね」、「何を言いたいのかわからない」など、色々とご助言いただければ幸いです。

さ、今日からサウンドエアーですね。出店しながら、また色々と除法発信していきたいと思います。一人でも多くの方が興味を持って足を運んでくれることを願って!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。