スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

太ももが筋肉痛・・・。

おはようございます。

金哲彦先生いわく「レースの次の日が大切です。レースの次の日の練習でグッと力がつきます」。無理です先生、この筋肉痛では・・・(笑)

昨日のピンネシリ登山マラソン。一応完走はいたしました。4時間25分。まあ、予想の範囲です。がしかし、やはり練習量というか走りこみの足りなさを実感いたしました。

上り坂は、はっきりいって壁のように感じました。その通りです。だって登山道なんですから。「歩いたほうが実は早いかなあ」なんて思って歩いてみましたが、結局少しずつでも走ったほうが早いことを体感。それぐらいの坂道です。

山頂。レーダーがありました。道の脇から山道を登って「折り返し地点」の表示が。いずれピンネシリマラソンのホームページにアップされるようです。ちょっとガスがかかっていたので、下界を見渡すことはできませんでした。

そして問題の下り。登りで想像はしていましたが、足が止まらない。太ももが持っていかれそうなくらい止まらない。自分でスピードをセーブしないと転んでしまうくらい、止まらない。「登りでロスした分、ここで取り戻そう!」そう意気込んでいられたのは30分くらいでした。あとはひたすらスピードをセーブ。

周りの方に聞くと、あの坂道の下りで普段の走りこみの成果があらわれるとか。確かにビューンって飛ばしていく人も多くいました。

当然そこでスピードダウンに力を使ってしまった私は、残り6キロ時点で失速。スタミナ切れでした。足が止まってしまったのです。あと5キロからが延々と長く感じられました。

結局ゴールしたあとも30分は動けず、太ももがパンパン。やっとの思いで新十津川温泉に浸かってリフレッシュ。すごいですね、温泉って!気分の問題もあるんでしょうが、ホントに体が軽くなりました。「ふう~生き返るわ~」。思わず口からこぼれたくらいです。

雲行きが怪しくなってきた頃に帰路に着きましたが、今まで走っていたピンネシリにどんどん雷が落ちているのが見えて冷や汗。新十津川町の隣の浦臼町で豪雨に。それからはひたすら安全運転で帰宅。

なんともドラマティックな一日でした(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。