スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つれづれの記

安物買いの・・・。

おはようございます。雨です・・・。

内地のお米屋さんとの情報交換の中で「週刊現代」に乗せられた堺屋太一さんの記事が面白いとあったので、読んでみました。

題して「安物大国ニッポンの転落」

某大手衣料品店でうられているジーンズが、実はその製造元である中国でも一般に履かれるレベルではないぐらい安物であること、「こんなジーンズを買うのは日本人くらいだ」という工場長の話などが掲載されていました。

もちろん私自身も利用する店ですので、全部が全部悪いと言うつもりはありません。少ない小遣いの中から買いますので、お財布に優しいなあと思って、むしろうれしいくらいです。

しかしながら一方で、市内にゼンショーの「すき家」ができましたが、牛丼一杯が280円!利益は9円だとか。まさに「薄利多売」を地でいっていますね。衣料品にしろ、牛丼にしろ「安かろう 悪かろう」って、今は言わないんですかね?

モノにはそのモノ自体の価値を含めた「適正価格」っていうのがあると思うんです。もちろん景気などに左右されるものなので、常に同一商品が一定価格っていうことはないんでしょうが、「いいものはそれなりの値段がする」っていう感覚があるから、「やっぱり○○でかったものは品物がいいよね~」という話があって、特に百貨店などがそういう層に支持されているんでしょうね。

そういう付加価値をどんどん生みだして、それをどう自店の商売に生かすか、いろいろと考案中です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

komeyanobon

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。