スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やぶにらみ民俗学

御著書いただきました②

おはようございます。

大学院時代からお付き合いのある岡山県倉敷市教育委員会勤務の吉原氏より、報告書をご恵贈いただきました。ありがとうございます。

お一人での御執筆です


倉敷市の美観地区といえば、都市計画法の第9条に「市街地の美観を維持するために定める地区」と定められた地域で、倉敷市では「倉敷川畔伝統的建造物群保存地区」をさします。伝統的な建造物が比較的密集している地域を行政が保護・規制することによって保存し、また観光地として再活用するという「街並み保存」、行政における地域おこしの一環でもあります。

その美観地区において、変容する生活の様子を年中行事調査という手法によってまとめあげたのが本書です。なんでもご執筆は吉原氏お一人でなさったようで、その仕事量には感服いたしました。私も城陽市の民俗調査報告書を一人で執筆したこともありましたが、調査の準備から原稿の編集まで、ほんとうに目の回るような忙しさでした。そんな作業をこれだけの凝縮された内容にまとめあげるのですから、その大変さは想像にかたくありません。

当地は私も倉敷市にあった瑜伽信仰の調査からの帰路に立ち寄ったこともありますが、伝統的建造物とそこで営まれている生活がじつに違和感なく存在していると感じました。それはそこに住む住民たちが、決して行政に寄りかかった保存活動をしているのではなく、あくまでも自分達の生活をありのまま、「至極当然のこと」として受け止めているという姿勢をとり続けているからでしょう。そこには訪れる人にとっては観光地でも、住む人にとっては昔ながらのなじみの街という、地域への愛着があるのだと思います。

「地域おこし」や「村おこし」といった名目で様々な「昔懐かしい観光地」が生み出されている現代の日本の中で、このような「そこにすむ人々の愛着」が染み付いた地域も珍しいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:komeyanobon
大したblogではないんですが、一応念のため・・・。このblog内の記事・写真等及びコンテンツの著作権は、管理者のkomeyanobonこと前野雅彦に帰属しています。


月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。